相談:アメリカと日本でのナンパの違いは?

相談

アメリカと日本でのナンパの違いは?

 


 

回答

まず銃社会で、あっとうてきに危険な環境なためストリートナンパの直説法なんてものは、ほぼしていないといえます。

そのかわり道聞きやスーパーやカフェなどでの間接法ナンパは多いですし、

クラブやパーティーでのナンパは頻繁にあります。

 

欧米はナンパといえばクラブナンパが中心ですが、

日本ではストリートナンパ、クラブナンパ、メールナンパといったぐあいに細分化されています。

 

日本は、風営法のとかを理由にクラブを摘発して閉鎖に追い込むことが問題視されています。

クラブ好きの弁護士が団体を組み「LetsDANCE法律家の会」というクラブを存続させるための

弁護士団体が活動しはじめているぐらいですから。

 

しかに昔と比較するとクラブの数は減少してきています。

少子化が問題なんて言っているのに出会いの場を減らすとはこれいかにって感じですよね。

 

そういえば海外の外国人ナンパ師からメールをいただきました。

その英語と日本語と中国語ができるそうで、海外でナンパセミナーをやっている方だそうです。

実際にユーチューブなどでTV出演してる映像もありましたけど、

そういう外国人の方も僕のHPを見ているのかと思うと面白いですよね。どこで発見してくるのやら。(笑)

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2015/07/12

 - ナンパ相談室