駅や電車で女に一目ぼれしたときのナンパ方法を解説

今回は状況別でのナンパの使い分けを具体的に説明していきます。

状況別というのは、例えば街中でストリートナンパをするのと、電車でカワイイ女の子を見つけてナンパするのでは置かれている立場や環境が異なることはもちろん、ナンパ方法だって変えていかなければならないことは誰でもわかるでしょう。

 

電車の中で、どうどうと見知らぬ女性に話しかけて、しかもいきなり冗談を言うなんて勇気がいるというよりも頭が変な奴と思われておしまいですよね。

 

しかも無視されてしまっても同じ車内に数分間は一緒にいないといけないし、周囲の乗車客の目線もあるもんだから赤面まっしぐらなのはいうまでもないはずです。(あなたがドMのド変態なら話は別かもしれないが・苦笑)

 

 

それでは状況からイメージしてもらうことにしましょう。

あなたが、電車で自分好みのカワイイ女性が目の前に座っていたとします。どのようにしてナンパするであろうか?いきなり声をかけると不振がられるというのは常識的に考えればわかることですよね。

 

ということは、この場合は「冗談で笑わせる」という行為にたいしては縛りというか制限がでてきた状態になるので、「キッカケや行動を挟む」というパターンに落とし込むほうが賢い選択であるわけです。

 

 

ここで大きな問いがうまれる。それがこれだ。

 

 

「電車という囲われた空間の中、どのような行動をとれば相手に自分を認識させることができるのか?」

 

 

心の問いにたいして回答することで解決策が見えてくる。

 

 

今回は、【分解法】(1つの事柄を細かく分解して1つ1つ対処する手法)という思考テクニックを使って考えて見るとわかりやすいかもしれない。(声をかけるということでなく認識させることから始まってる部分がポイント)

 

 

分解1:声をかけれないということは?

現実:声をかけない方法が必要。

 

分解2:自分を認識させる行動ということは?

現実:派手な行為はできない。

 

分解3:必要最小限のアピールをするために必要な行動とは?

現実:目線が合う、席を譲るなどのきっかけ。

 

 

確かに電車にのっていると、目線が合うことはよくあることだし、席を譲ることがきっかけになりお礼を言い合うことで、どこの駅で下車するのかなどの会話が弾むことは、よくあることです。

 

 

ということは、この目が偶然合うとか、席を譲るなどの行動を、意図的に作り出せればナンパするきっかけは自然に生まれるとということがわかります。

 

消去法で考えると、席が譲れる状況や、何かお礼を言えるようなことが起こるとは考えにくい。そうなると、次の2つの状況で自己アピールをして、あなたの存在を彼女に認識させることが大切になってくるわけですね。

 

 

1:対面に座った女性2:隣に座った女性

 

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2013/11/24

 - ナンパ講座, 間接法ナンパ