ナンパした女を初デートに誘う会話のキャッチボール

デートすることをアポと読んだりするんですけれど、メールも電話も繋がるけれどアポれない理由としては、

デートに誘う言い回しが、直接的すぎるということと、無駄にメールの送受信回数が多すぎて(もしくは電話で長話しすぎて)誘うキッカケが作れないという2つが考えられます。

 

 

誘う言い回しが直接的すぎる誘うキッカケが作れない

 

 

解決策は、どちらも同じですが、誘う言い回しが直接的すぎるという人のほうが多いと思いますね。

 

 

「ご飯食べに行こうよ」

「今度、会おうよ」

 

 

など、直球すぎて相手によけられる可能性がありますから。

 

 

とくに「今度会おうよ」はネットナンパでも多い。ということは変化球を投げればいいということになるわけですね。

返信がきやすいメールのときに、謎めいた部分を残しておくようにしておきます。

 

 

例1

男「今、逃亡中の犯人が、**の店によく来るらしいよ?知ってる?」

女「え、本当に!?」

 

例2

男「(相手が好きな)芸能人の**が**の店によく来るらしいよ?」

女「え、本当に!?」

 

例3

男「アイスを鉄板焼きで焼く店とか知ってる?」

女「知らない、そんなのあるの?」

 

こうした質問を投げかけておいてから・・・

 

男「じゃぁ、連れていってあげるよ。何曜日あいてる?俺は**日以外ならOK」

 

 

といように、1個フリを与えておいて、そのフリに相手が応じて、反応を示してきたら誘うわけです。

誘うことがボールを投げることに値するならば、その前の、フリの部分が変化球にあたるわけですね。

 

男「知らないなら行こうよ」

男「興味あるなら行こうよ」

 

みたいな感じで誘う。これは、逆バージョンでも応用できる。つまり、自分が知らないから一緒についていってもらいたいという誘い方。

 

 

男「**の店に行きたいんだけれど男1人だと恥ずかしいから行くの付き合ってくれない?」

 

 

このような誘い方でも、基本的な公式は、先ほどとまったく同じなわけです。これだと、相手も心の言い訳ができるので、誘いに応じやすいですよね。

 

 

女「私はナンパされてすぐにデートする軽い女じゃないのよ」(心の建前)

女「あなたが1人でいけないと言うから、しょうがないからついていってあげるだけ」(心の言訳)

 

 

変化球と直球の違いを知ることが大切。これは心理パターンなので、普遍要素なのです。職業によっても、興味ある対象が変わるし、生活環境が変わるので、そこらへんも注意が必要ですね。

 

例えば、モデルでオシャレな店をたくさん知ってる女性に、オシャレな店を紹介しても無意味。

逆に、田舎から上京してきた大学生に、オシャレな店を紹介すれば、ものすごく興味を示す。

 

例1

男「渋谷の35段屋って知ってる?」

女「知らない」

男「ミキティがよく行く店なんだって」

 

例2

男「渋谷の35段屋って知ってる?」

女「知らない」

男「階段が地下まで35段ある店なんだって」

 

 

こうした使いわけがデートには大切。

ちなみに、この店は、ホテル街にあり、この会話情報は全部本当である。

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2013/12/10

 - トーク会話術, ナンパ講座