ミクシィmixiフェイスブックSNSでメールナンパ(ネットナンパの歴史~その2~)

ミクシィmixiとかに代表される、誰かに紹介されないと入室できないサイトのことです。

 

別にSNSはミクシィmixi以外にもたくさんあるので(数百種類にも及ぶ)どれでもかまわない。基本的に、やり方は同じなので。

 

ネットナンパが、なぜ初心者向けなのかというと、最初から相手のプロフィールや趣味が丸分かりなので共通点を植えつけやすい部分にある。

 

 

出会い系の場合だと1人1人の自己紹介文章を読まないといけないけれど、

 

ミクシィmixiとかSNSの場合は、最初から共通の趣味同士の集まりのSNSに入室するか、もしくは、コミュニティに参加すればすぐに、見つかるので楽。

 

その昔、ミクシィmixiのアダルト版でセクシィというSNSがあったけれど、ここにはたくさんの素人女性が登録してて、最初からエロ話全開で簡単に会えてた。

 

 

今は、つぶされちゃったのか閉鎖されちゃったけれど、似たようなサイトは、まだまだある。

 

コミュニティを自分で立ち上げたり、こうしたエロ話題から釣る場合のコツとしては、直接的エロよりも、間接的エロで誘導するのがオススメ。

 

 

 

「エッチ好きな人集まれ」

 

 

これだとまったく返信がこないのに、

 

 

「恥ずかしくて言えないけれど実はパイパンが趣味な人集まれ」

 

 

みたいなタイトルのコミュだと、人は集まる。

 

これは不思議な現象だが、昔から告白系にすると、よく人は集いやすい。

 

たぶん、このぐらいの明るいノリのテーマだと、

 

 

「毛がチクチクする話」

 

「彼氏の趣味」

 

「レーザーで焼いてる話」

 

「欧米では常識」

 

 

みたいな話題がぞくぞく出てくる。

 

 

こうした下テーマで仲良くなれるとマイミクもしやすくなり、そのままのギャグ的な明るいノリのまま会えるというわけである。

 

こういうのは、コミュなどにおけるきっかけの第一段階だけど、次に重要なのが、プロフィールだ。

 

 

まず、写真は、知名度がないけど、カッコイイ、モデルや俳優の写真とか、可愛い動物の写真とかを掲載しておく。

 

あきらかに有名なタレントなどの写真だと、逆に痛いので引かれる。後は、無意味な風景とか、無機質なモノとかも食いつきは悪くなる。

 

続いて重要なのは、名前。

 

 

【タケシ】とか、
【サトル】とか、

 

 

普通の名前だと、印象が弱いので、スルーされやすい。そこで、

 

 

【色黒のタケシ】とか、
【美容師のサトル】みたいに、

 

 

名前の前に、印象に残りやすい単語を付け加えると、あしあと(SNSにはそういう機能がある)をつけたときもクリックしてもらいやすい。

 

正直、これだけで、後は、適当に、足跡残して放置してるだけで、女の子のほうからマイミク申請がきたりすることはよくある。

 

 

なぜか、男からもよく来るけど。

 

 

とにかく1つのIDで1つの趣味に特化したキャラクターでナンパするべき。

 

後は、相手が日記かいてたら、コメント残して仲良くなるとかね。

 

 

SNSは自分のプリクラ写真を掲載してる女の子も多いので、そういう意味でも、自分好みの子を探しやすいのでオススメである。

 

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2014/04/07

 - ナンパ講座, ネットナンパ攻略