女をデートに誘うためのメールやLINE(ライン)の文章例(女の感情をメールで引き出してデートする)

いつまでも質問ばかりしてるとメールは確実に途切れる。ある程度の情報を聞き出したら、趣味や愚痴など「彼女の感情」を中心にして引き出させることに集中しよう。

 

自分を特別な存在というふうに認識させるためには「趣味や愚痴」などの感情面の話題を気軽に話せる関係性を築く必要がある。

 

例えば、釣りに興味のある人にとっては、釣りの話をしているときが1番楽しいはずだ。

しかし釣りに興味のない人からすれば、そうした話題は意味不明だし、つまらない。

 

しかも必ずしも周囲の友達が自分と共通の趣味を持っているとは限らない。こうした不満を、あなたが解消してあげられるとしたらどうだろう?

 

あなたとのメールは楽しいものになるはずだ。この感情ラインを狙うのが重要ポイント。

まんがいち趣味の話が盛り上がらなかったり、いまいち感情を動かすことができないようだったら「相手の愚痴」を聞きだすことに集中する。

 

趣味の話題と同じように、人間が感情を込めて話すテーマが 「愚痴や不満」だ。

これも趣味と同じで、相手によって不満に思う内容が違うのでマニュアルにはしにくいのだが基本的には自己開示による質問メールで対応できる。

 

「最近、仕事で上司とぶつかってケンカしちゃってさー。**ちゃんは、愚痴りたい出来事とかない?あれば癒し系の俺が聞いてあげるから(笑)」

 

こういう「愚痴や不満」といった話題は重くなりやすいので、趣味の話題と比較すると話したがらない女性も多い。(男でもそうだが)だから、少し軽い感じを与えるために・・・・

 

「(笑)」

 

という文字を最後に挿入しているわけだ。これは、こういった内容に限らず、重い話題を軽くしたいとき全般に使えるので覚えておこう。

 

こうした趣味や愚痴など女の感情をメールで引き出した話題を振っておくと、だんだん相手から質問が来る回数が増加してくるはずだ。こうなってきたら相手の感情が盛り上がってきた証拠なので、次のようなメールを送信する。

 

「メールよりも電話のほうが早いから電話するね」

 

という感じで電話に移行する。もしくは、そのままデートに誘い出す口実と利用してもよい。その場合は次のようなメール文面で問題ないだろう。

 

「もっと真剣に話聞きたいから会って話そうよ。俺は*日とか休みなんだけどどう?」

 

彼女にとっては、自分の深い話を聞いてくれる相手なので、このじてんですでに信頼関係は築けてきている。だから拒否する確率は少ない。

 

1. 相手の情報を収集する

2. 趣味、愚痴、不満、の話で感情を揺さぶる

3. 相手主体になってきたら会うように誘導する

 

この3段階をクリアすることで、自分本位ではなく相手中心の話題にメールが移行していくはずだ。ここまでくれば彼女は、 かなりあなたに依存してきていることになる。間違っても・・・・

 

「一緒に食事しない?」

 

みたいなメールを送ったらいけない。そこには、あなたと会う 理由付けがなされていないからだ。とにかく大切なのは、彼女が会いたくなる理由を作ること。

この目的のためだけに、 情報収集とかが必要になってくるということだ。

 

npg-b06

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2014/06/09

 - ナンパ講座, メールLINE文章術, 恋愛テクニック