初デートでも楽しく会話できるコミュニケーション方法

モテる話し方というか、コミュニケーションには2種類あって1つが、話す内容で相手を魅了する「バーバル言語系」と、もう1つがボディランゲージや話し方などで相手に自分を印象付ける「ノンバーバル非言語系」である。

 

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによると、人は、話の内容は7%しか聞いておらず、口調など聴覚による情報のほうが38%も影響を及ぼしており、それよりも見た目のイメージなどのほうが55%も相手に影響を及ぼすことがわかっている。

 

ということは、コミュニケーションで圧倒的に重要になるのは、 「ノンバーバル非言語系」であることはあきらかなのだ。ナンパや恋愛などで、「何を話すか?」で悩んでいる人は、どんな内容の話題をふればいいのか考える必要はなく、どのようにして話すのかに集中したほうがいいだろう。

 

ボディランゲージ

大切なのは、声のトーンや話し方、身振り手振りのボディランゲージということになるからだ。(実際にはもっとたくさんの技術があるのだが)例えば、学校の先生などを例にしてみると、このノンバーバル系が いかに他人に及ぼす影響にかかわってくるかがわかりやすいかもしれない。

 

あなたは、新入生の生徒である。教室に新しい先生が入ってきた。見るからに汚らしい格好で、スーツはヨレヨレ。話かたもボソボソと小さな声で、いかにも自信がなさそう。

 

こんな先生を前にして、あなたはきっと舐めてかかってしまい、この先生の授業を集中して聞く気になれないであろう。このように、その先生がどんなに、素晴らしい内容の授業を行なうことができたとしても、「ノンバーバル非言語系」のコミュニケーション能力を 向上していないと、他人は見向きもしないのである。

 

これは、恋愛やナンパにおける瞬間的なコミュニケーションにおいても同様だ。

 

モテるためには話す内容などはどうでもよく、話し方の技術を磨くべきなのだ。

 

インパクトをつけていく

「ノンバーバル非言語系」のコミュニケーション能力を向上するためには、どのような事を意識していけばよいのか。そのためにはまず見た目と話し方にインパクトをつけていく必要がある。

 

先ほどの例でいうと、気弱な先生がなぜ消極的に見えるのかをイメージしてもらいたい。理由は様々だが、まず「人と目を合わせて話が出来ない」という要素があげられるだろう。

 

目線をそらす人を見て、あなたは気弱な人という印象を持つのではないだろうか。

 

よくヤンキー漫画などでガンをつけるというようなシーンが出てくるが、あれも目をそらしたら負けという暗黙のルールがあるからこそ成り立つ粋がり方なのである。

 

目を合わせることができない人は、視線を合わせる事に恐怖を感じるからかもしれないが、それは普通の感覚といってよいだろう。何も気が弱いとか臆病だとかではなく、普通の人間の心理として、 目線が合うという行為は恐怖感を感じるのが普通なのだ。

 

見知らぬ者に見られているような気がする

例えば、テレビの心霊特集などを見た後は、怖くてトイレに行けないだとか、 風呂に入れないという怖がりな人の話を耳にしたことがあるだろう。

 

実は、あの心理状態メカニズムを解剖すると、幽霊やお化けが怖いのではなく、見知らぬ者に見られているような気がするという心理が恐怖心に繋がっているにしかすぎない。

 

つまり人間は誰しもが、何となく見られているような気がする感覚に弱い(恐怖する)ように出来ているのだ。これは目という機能が、 感情を表現するのに脳に近い部位だからといわれている。つまり実際、お化けや幽霊などが存在するかどうかに恐怖しているわけではなく、見知らぬ者の視線を感じることが怖いのである。

 

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2014/07/02

 - トーク会話術, ナンパ講座, 恋愛テクニック