人はギャップのあるものに惹かれ人間の性格は変化し続ける

本日は、「ギャップ効果」について語ろうと思います。
人は、ギャップのあるものに惹かれますよね

 

例えば、女性が、オシャレなお店で食事をすると喜ぶのは、
非日常空間を味わえるからなのです。

 

逆に普段からオシャレな店や、高級レストランでしか食事をしないような人からすれば、

それは日常になってしまうのでギャップにはなりません。

 

つまり店によって影響力が反映されるのではなく、
彼女の生活習慣にたいしてギャップが演出できるかどうかがポイントなわけです。

 

他にも人間そのもにフォーカスしてみると次のような例があげられます。

 

最初から良いイメージの人が、良い事をするより、
最初に悪いイメージの人が、良い事をするほうが、

より良いことをしているように周囲には感じられるのです。
(だからといって、わざとに悪を演じないでくださね・笑)

 

心理学では、こうしたギャップ効果のことを、

「ゲイン効果」

といいまして、他にも様々なギャップパターンがあげられます。

 

 

パターン例:
冷たそうな雰囲気の人が、話してみたら優しい人で印象が良くなった。

パターン例:
普段は、アホみたいな話しかしない男が、実は、凄く頭の賢い部分を見せる。

パターン例:
軽くて適当そうな男が、実は、マジメな顔をして話してたりすると、気持ちが動く。

 

 

などなどいろいろありますが、このテクニックは
女心を誘惑するのに非常に役立ちます。

 

ただ、簡単にギャップ効果を使うためには、
自分の長所と短所を知らなければなりません。

 

なぜなら、自分では、マジメそうなイメージだと思っていても、
周囲の人は、あなたを天然で、面白い人と思っているかもしれないからです。

 

そのためには、自分が他人から、
どういうイメージで見られているかを把握する必要があるわけです。

 

人間というモノは、3つの自分で形成されていることは、
以前お話しましたよね。

 

・自分が思う自分のイメージ
・周囲が思う自分のイメージ
・他人が思う自分のイメージ

 

一応、復習しておきますと、まず「自分が思う自分のイメージ」とは、
あなたの心の中の自分のイメージです。

 

それを、まず長所と短所という感じで紙に書き出してください。

 

次に、「周囲が思う自分のイメージ」を親、兄弟、友達、など、
自分と一緒によくいる人達に

 

「俺のイメージってどんな感じ?」などの質問をして
自分のデーターを紙に書き出します。

 

そして最後の「他人が思う自分のイメージ」は、
初対面の人に自分のイメージを聞いていってください。

 

いずれも男女関係なしで、聞いてくれてかまいません。

それを紙に書き出します。

 

さて、これで3つのデーターがそろいました。

これを比較してみると、自分のイメージと
他人のイメージのギャップが出てくるはずです。

 

もしも、自分と他人のイメージにギャップがない場合は、
自己分析が冷静にできていたということになりますね。

 

さて、ここからが重要なのですが、
「他人&周囲が思う自分のイメージ」で書いた項目と

逆のイメージを少し見せるとギャップ効果になります。

 

今回は、あくまで、ギャップを演出するのが目的なので、
やりすぎると、イメージが変化して、

その演出した姿が第一印象になってしまい
ギャップにならないので注意してください。

 

例えば、痩せてて頼りなさそうというのが周囲のイメージならば、
頼りになるような要素を身に着ける必要があるということになります。

 

頼りになる要素というのは、筋肉質な身体だけでは、ありません。
格闘技の話をするとかでも全然、イメージが変化します。

 

つまりこの格闘技の話がギャップ効果になるわけですね。

 

筋肉質な体になってしまうと、
それは変化であるためギャップにはなりませんから注意が必要です。

 

格闘技の話でなくても、
車の運転が上手いとかでも頼りがいのあるというアピールにもなります。

 

車を運転するということじたい、
相手に命を預けているという心理になっているので、効果的というわけですね。

 

こうしたギャップは何でもいいですが、

他にも「見た目がホストっぽい」とかだった場合、
たまにマジメな表情をして過去の恋愛を語ってみるとかでもOKです。

 

で、こうしたギャップ効果なのですが数年に一度でいいので
自分の性格の現状把握を紙に書き出して再構築しておかないと使えなくなります。

 

なぜなら、人間の性格は変化し続けるからです。

 

これはハーバード大学で19,000人以上の被験者に
10年以上の歳月をかけて研究した結果わかったことなのですが、

人は自分が過去に起きたことで性格が変化したことは認められても、

自分の趣味や信念が、ある日突然に変化することなどありえないと
勘違いしてしまう傾向にあるというのです。

 

つまり自分の性格は、今の現時点が固定値であり、
将来大きく変化することなどありえないと思っている人が大半なのです。

 

しかし現実は違いますよね。

若いときにカッコイイと思っていたことが
大人になると恥ずかしいことだと気がつく場面たくさんあります。

 

勢いでいれたタトゥーや、根性焼きの跡。
変な模様の洋服や、奇抜な髪型。

高下駄のような厚底ブーツに、
鉛筆がのるぐらい長いつけマツゲ。

 

などなど、あげればきりがありません。

恋愛においてもそうですよね。

 

学生時代のマドンナに片思いしていても、

10年後の同窓会で再会したら、
単なる太ったオバンになっていたなんてことはよくある話です。

 

この研究、最初は1995年半ば、
次に2005年に行われたのですが、

 

このとき「Big5」という
性格的特徴についてのテスト調査をしているのですが、

今回は、その5項目を公開します。

 

 

経験性「好奇心が強い?」YES・NO

勤勉性「マジメである?」YES・NO

外向性「人と騒ぐのが好き?」YES・NO

協調性「人の意見に合わせられる?」YES・NO

安定性「つねに心が落ち着いている?」YES・NO

 

 

この5つに今すぐ答えて10年後に同じ問題に答えてみてください。
…と、いっても10年も待てないでしょうから、実験結果を紹介しますね。(笑)

 

被験者に10年前と10年後の変化を発表する前に、
過去と未来について自己評価をしてもらいました。

すると、ほぼ全員が将来自分の性格が変わる可能性については否定したのです。

 

あばたは、今、いくつでしょうか?

20歳と30歳の自分は同じ性格でしょうか?
30歳と40歳の自分は同じ性格でしょうか?
40歳と50歳の自分は同じ性格でしょうか?

50歳と60歳の自分では…。

 

多くの人は、自分の性格は将来も継続して変化しないと思いがちですが、
実際には違います。

 

小学生時代と今の自分が容姿も性格も変化するように、
人の価値観は未来においても変化しうるものなのです。

 

しかし、それが変わらないと思い込んでしまうという誤認パターンは
皆が等しく勘違いしてしまうことも事実なのです。

これは大規模なギャップ効果だと思いませんか。

 

つまり人は、変化にたいして敏感に反応しうる生物であるということがよくわかります。

だからギャップに惹かれるのです。

 

では人が変化を感じる瞬間とはどういうときだと思いますか?

それは「インパクト」だったりします。

 

脳に刺激を与えることで、記憶が活性化されることはご存知でしょうけれど、
記憶したい出来事を選別することはできませんよね。

 

これは記憶に残るかどうか、心に残るかどうかは、
印象に残っているかどうかが関係してくるからに他なりません。

 

結局、人が人を好きになる、きっかけとは、
インパクトによる部分が、大きいのです。

 

メールの返信率も電話の返答率も、初対面の印象が薄いと、
長続きしないものなのです。

 

ちなみにメールの返信率をUPさせるには、
モテモテメールテンプレート」を参考にしてください。

 

http://nanpaweb.com/archives/608

 

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2015/08/25

 - ナンパ講座, 恋愛テクニック