お見合いパーティー、合コンパーティー、ねるとんパーティーのシステム

お見合いパーティーとは、見知らぬ男女が制限時間内で自己紹介や会話をして気になる異性を見つけ、最後にその異性に割り当てられた番号を記入して、男女ともに番号が一致すればカップル誕生といった流れのパーティーです。昔は、こうした「お見合いパーティー」を「ねるとんパーティー」と呼んでいました。

最近では、もう聞きなれない言葉かもしれませんが、名前の由来は、お笑い芸人の「とんねるず」が司会をしていた「ねるとん紅鯨団」という番組からきていますが、最近の若い世代は、とんねるずが芸人であることさえも知らないので、ねるとんという言葉も死後になりつつあるでしょう。

ちなみに、「とんねる」を業界用語の逆さ言葉で「ねるとん」と呼ぶというバブル世代の番組らしい発想であり、企画はAKB48でお馴染みの秋元康が考えた番組だったみたいです。

 

世代的に中年男性の方をターゲットにしているパーティーだと「ねるとん」という検索キーワードを使うようですが、現在だと「お見合いパーティー」「カップリングパーティー」「合コンパーティー」といったキーワード単語が一般的だと思います。

ちなみに全てシステムは同じです。呼び名が違うだけということを覚えておきましょうね。

 

◆システムの流れー

それでは、細かいシステムの流れについて解説していきます。

(1)

女性席と男性席が用意されてあり、主催者から番号札をもらったら男女が同じ番号の席に座り、「自己PRカード」に自分のプロフィールなどを記入する。

(2)

男女共に、お互いの自己PRカードを交換して1~2分間の自己紹介をする。1~2分間の制限時間が経過すると強制的に席を移動され、また違う女性と自己PRカードを交換して1~2分間の自己紹介をするという繰り返しをおこなう。

(3)

自己紹介タイムが終わると、男女とも自分が気になった相手の番号を3~5人ほど記入して主催者に渡す。

(4)

フリートークタイムがはじまり、1人5~10分の制限時間内で女性と雑談をする。このときパーティーによっては、主催者からカードを返却され、自分を気に入ってくれている女性が判明するというパターンもあれば、男女全員でビンゴゲームや王様ゲームなどをして仲良くさせようという企画などもある。

(5)

フリータイムが終了し、各自、気になる相手の番号を1名だけカードに記入して主催者に渡す。男女お互いが両思いで番号が一致すればカップル成立で、そのままパーティーは終了。

 

  • 時間帯:夜19時~21時の2時間制が一般的。昼間のカフェやクラブを貸しきる会社もある。
  • 料金:男性5000円~女性3000円~無料というのが一般的。

 

こうした「お見合いパーティー」「カップリングパーティー」「合コンパーティー」「ねるとんパーティー」といった類は、合コンと違い、強制的にトークをする場が設けられていることがポイントです。

 

そのため、トークが苦手で話下手な無口な男性などは少し苦手意識があるかもしれませんが、克服改善するための練習と思って参加してみてもいいでしょう。

まぁ、キャバクラで新規入店してキャバ嬢がグルグル回転して、そのたびに自己紹介することと比べたら、こうした「お見合いパーティー」「カップリングパーティー」「合コンパーティー」「ねるとんパーティー」といった類のほうが安価かもしれませんよ。(笑)

教材ランキング

これで完璧!期間限定75%割引!「全部パック教材」

npw-zenbu

これは路上ナンパ、合コン、外国人ナンパ、国際恋愛、口説き方、出会い系攻略、携帯メール術、クラブナンパ、H秘儀、M女調教、洗脳トーク、など全てのテクニックがつまった特別なオファーです。

外国人ナンパ国際恋愛教材

npg-06

世界14ヶ国の女性をGETしてきた男達による対談集。どのような経緯で女と出会いGETしたのか?さらに英語ができなくても知り合えるテンプレート文章や会話音声なども公開。最近は翻訳アプリなどもあるのでターゲットを広げてみたい人にはお勧めな教材。

クラブナンパ教材

npg-07

クラブに特化したマニュアル。声かけ方法から持ち帰り方まで。さらに実際の会話まで公開されているのに安価なのが特徴。クラブ初心者からすでにストリートはしているがクラブは苦手という人向け。

      2013/11/23

 - ナンパ講座, 合コン・パーティー攻略